厚木で海が見える一戸建て

厚木で海が見える一戸建てを買いたい

神奈川県は厚木市。そこは都会もあり海も見える場所も山が見える場所もあるという、風光明媚な街です。厚木は昔から貿易港として栄えたため、西でいう神戸のように外国人によるレンガ造りの街作りがされ、それゆえお洒落な町並みがのこっていたりもします。その厚木で海が見える場所に一戸建てを買うにはどうしたらいいでしょうか。

まずは地元厚木の不動産屋へ行って、そこの土地の相場を学びましょう。厚木は便利な立地故に土地単価が高いので、海が見える場所、それもほどほどの高台となるにつれて値段も上がります。そこに土地を買うことが現実的に難しいのであれば、海が見えるということだけに優先順位を定めて中古の不動産物件をあたるのもいいでしょう。

別荘として建てられたお洒落な一戸建てであれば大体の確率で展望がかなり良いですし、内装も凝っているものが多いです。ある程度の設備があるのであれば、新しくつくるよりもリフォームするほうが安いことも多々ありますから、古いものを買って新しいものに部分的に変える、というのもいい手ですよ。なかった3階を作ってそこをルーフバルコニーにすれば休日はそこで寛ぐことが出来る、などの考えもあるかもしれません。

それでも中古物件ではなく新築で一戸建てを建てたいという場合は、不動産屋にお勧めの土地を紹介してもらいましょう。条件があるのであればそれを聞いて検討し、それでも欲しいと思えば契約になります。

その後、お気に入りの建築会社や建築士を見つけて希望の家作りに入ります。設計士、設備、材料などを決めて建築に入ります。その間、どれだけ急いでも半年はかかると思って行動するのがいいです。あまり急ぐといい作業員に恵まれないこともありますから。

一戸建てを建てるにあたっては、自分のどうしても譲れない点だけは明確にするのがいいです。風景に限るのもその一つ。間取りよりもなによりも自分は山が見たい、海が見たい、林が湖が見たい、そう思うのであればそれをまずは伝えることです。そうすれば建築家も会社もそれを無視したりはしません。物理的にどうしても無理だ、というギリギリのところまでは頑張ってくれるはずです。

その上で、相手のアドバイスは聞く、自分でここはこうしてもいいという妥協点は伝えていく。その姿勢があれば思っていたよりも早くに自分の理想の家が出来上がるはずです。一戸建てを建てるというのは人生において結構なお金が動くことですから、そこは無頓着にならずにワガママに希望をかなえる努力をして欲しいです。”