断熱性能

厚木に一戸建て住宅を建てる際の断熱性能

厚木で一戸建て住宅を新築する際には、断熱性能にもこだわることが大切です。

雪国などの気温の低い地域と違い厚木は暖かい地域ですから断熱性能を重視する必要が無いと考える人も多いですが、断熱は寒い地域の一戸建て住宅で効果を発揮するだけではなく暖かい地域でも必要となる性能と言えます。

断熱性能が高くなると、空調にかかる負荷を減らすことが可能ですから、エネルギー効率が良く省エネ効果を発揮することが可能です。

一戸建て住宅はマンションとは異なり全てのエネルギー源を負担する必要がありますので、空調にかかるエネルギーは大きな負担となります。

夏場はエアコンで冷やした空気が外に漏れにくくなるため、冷気を保ち空調の設定温度を上げることでエネルギー源の節約が可能です。同じように冬場には暖めた空気が外に漏れださないため、暖房の温度を下げることが可能となり省エネにつながるのです。

厚木の一戸建て住宅は高額な建築費になやすいため、ローンの負担もそれだけ大きくなりますので、光熱費を節約できれば毎月の負担を減らすことが可能です。

地域ごとに気候が異なりますが、暖かい地域でも高気密高断熱を採用するなど基本性能を高めることが大切なのです。高気密高断熱工法は名称通り気密性の高さや断熱材によって、外気に影響されにくい快適な居住性を実現することが可能ですでの、建築コストは掛かるものの快適性とランニングコストの削減につながるのです。

断熱性能を高めるには断熱材を使用することも大切ですが、最近では様々な工法が登場していますので新築する一戸建てに合わせて最適な工法を選べるようになっています。

内断熱工法の他にも外断熱工法もありますし、塗装によって断熱効果を高める断熱塗料も登場しています。内断熱は従来からの断熱工法ですが、壁の中に断熱材を充填するために柱がある部分は断熱効果が不足してしまいます。

外断熱は建物の外側から断熱材で囲うため、断熱効果の高い建物にすることが可能です。

しかし外壁の重量が重くなるため、施工を確実に行わなければ地震などで力が加わると脱落してしまうこともあります。

断熱塗装は塗料を塗るだけで効果を発揮しますが、屋根や外壁、室内の壁や天井など様々な部分に使用することが可能です。屋根に使用すれば直射日光の照りつけによる内部の温度上昇を防ぐことができるのです。断熱工法には様々なものがありますが、断熱高性能を高めることで、季節を問わず省エネ効果が得られるのです。”