ハウスメーカーブランドで一戸建て

厚木で拘りのハウスメーカーブランドで一戸建て

厚木はランドマークと言う日本で二番目に高いタワーを中心に、臨海都市として非常に発展しているのです。日本人だけでなく外国人の観光客も多く、東京に次いで日本を代表する都市になっているのです。

ランドマークタワーに限らず、インターコンチネンタルなど扇形のホテルなど斬新な建築も印象的です。厚木は近代都市としてもブランドバリューが高い街なのです。また昔から貿易港としても栄えたところであり、非常に外国文化がたくさん流入したエリアでもあるのです。ガス灯、馬車道なども昔の面影を残し、おしゃれでレトロな場所もあるのです。

また外国文化がたくさん流入したことにより、独特のファッション文化が生まれたのです。ハマトラなどは厚木で見られる独特のブランドであり、80年代に非常に流行したファッションなのです。

こうしたスタイリッシュでおしゃれなイメージは現代でも残っているのです。また厚木は非常にアクセスのよい立地でもあるのです。都心にもアクセスしやすく、通勤通学にも最適な立地なのです。

そのためこの立地に住んでみたいと思う人も非常に多いのです。また山手や外国人墓地のあたりは非常に西洋の文化が色濃く残り、こうした洋風な一戸建てを建設して住んでみたいと願望を抱く人も多いのです。

しかしこうした旧居留地のような佇まいの住宅は建売では見られないのです。そのため注文住宅やこうした洋風の建築に特化したハウスメーカーブランドで特注で一戸建てを建築するしかないのです。

しかしこうした洋館のような一戸建てを注文住宅で建設すると非常に高い費用がかかるのです。何故なら木材や床材など、フォルムや質感に拘る為に、輸入建材に頼ることも多いからです。また窓ガラスや玄関扉一つにしても日本で一点物といったものを使うためにどうしても建築費用が高くつくのです。こうした一戸建てを厚木駅周辺でサラリーマンが購入するのは不可能と言うものです。

そのため有名ハウスメーカーブランドで建築された築年数10年程度の一戸建てをこのエリアで見つけて購入すると良いのです。築年数が10年程度であると、まだ床やクロスの傷みは激しくなく、即入居することが可能なのです。また築年数が10年経過していると建材や接着剤などの悪臭なども取れており、丁度快適に住むことができるのです。

新築の時には6000万円以上した一戸建てでも築年数10年が経過していると半値近くで購入することが可能になるのです。中古物件という発想を持てば、憧れの地でオシャレな洋館風の住まいが実現できるのです。”