バックリンクを活用する

期限切れのオールドドメインがもつバックリンクを活用する

インターネット上のサイトをビジネスに利用する企業や会社は非常に多くありますが、多くの企業がこうしたオンライ上のビジネスを行う環境では、他のライバル会社よりも、より多くのアクセスを獲得することが非常に重要となります。

そのためには、ユーザーにより利便性の高い商品を取り揃えたり、豊富なコンテンツを用意するといったことの他、閲覧しやすいレイアウトのデザインを採用するなど、多くの工夫を行う必要があります。

また、サイトの存在自体を広く認知してもらうのも非常に重要で、サイトのアドレスを周知するために、印刷物などのメディアを利用するなど、その手法にも様々な方法があります。

しかし、こうしたサイトの存在を知ってもらうのに最も有効な要素となるのが、Googleなど大手の検索エンジンにおいて、検索の上位にサイトが表示されることが挙げられます。

こうした検索の順位には、そのサイトの品質や、カテゴリの有無、また利用するドメインの運用期間が長いなど、多くの要素によってページランクが設定され、そのランクが高ければ高いほど、検索結果で上位に表示されることとなります。

また、被リンクの数も非常に重要になるため、自社のメインサイトの他、バックリンクを獲得するためのサテライトサイトを多数開設するという、SEO対策を行うのも、現代のインターネットの状況では非常に有利な方法です。

こうしたサテライトサイトを作る際に、新規にドメインを取得していたのでは、ページランクを獲得するまでに多くの時間がかかってしまい、迅速なレスポンスを受け取ることができません。

そこで活用したいのがオールドドメインです。オールドドメインは、期限切れとなって、前のオーナーが手放したドメインです。
このオールドドメインを取得することで、そのドメインがもつページランクやバックリンク数、またカテゴリの設定などをそのまま引き継ぐことが可能になります。

オールドドメインをうまく活用するためには、期限切れとなったタイミングから、できるだけ早くそのドメインを取得することが大切です。

期限切れがら多くの時間が経ってしまうと、ページランクが更新されてしまい、その価値を活用できなくなるからです。バックリンクの品質にも影響してきますので、より有効な価値を持つオールドドメインを使用するには、定期的に商品の管理を行っている専門業者から購入するのが確実な方法です。

こうした業者であれば、ドメインのカテゴリやランク、リンクが張られた期間などの条件から好みのものを選ぶことができるのがメリットです。