SEO対策を有利

期限切れのオールドドメインを取得してSEO対策を有利に行う

会社や企業の自社サイトなど、インターネットを活用した新たなビジネスの展開は、多くの企業が積極的に行っているものです。

こうしたインターネットビジネスにおいて、最も重要なことは、いかにサイトへのアクセスの数を伸ばすかということが挙げられます。

多くのサイト訪問者を獲得することで、サイト内で提供する様々なサービスやコンテンツを利用してもらうことができ、またそうした実績の積み重ねがさらに利益を生み出すことになります。

自社サイトへのアクセスを獲得するためには、Googleなどの検索エンジンでインターネット検索を行った際に、自社サイトが検索結果の上位にランキングされることが大きく影響します。

検索順位が上がれば上がるほど、そのサイトを閲覧するユーザーが増え、またサイト自体の認知度も高くなります。特にGoogleでは、各サイトにページランクと呼ばれる評価を付けており、その評価が高いほど、サイトの信頼性や品質を証明するものとなり、ユーザーの利用率を上げることにもつなげることができます。

このページランクを上げるには、サイトのコンテンツの充実や、品質、また獲得しているバックリンクの数など、多くの要素が関わってきます。そのため、新しく立ち上げたサイトのページランクを上げるためには、多くの時間と手間が必要になります。

しかし、こうした手間も、オールドドメインを取得することで、大幅に軽減することが可能となります。

オールドドメインは、期限切れとなったドメインを中古品として扱うもので、新規ドメインの取得に比べ、多くのメリットを得ることができます。オールドドメインには、そのドメインを使用して運営されていたサイトのページランクや、獲得していたバックリンクをそのまま引き継いでいるものが多く、その価値をそのまま新たなサイトで利用できるのが大きな利点です。

特にアクセス数アップのためのSEO対策として、サテライトサイトを多数立ち上げる際には、こうしたオールドドメインを利用するのが非常に有効な方法です

オールドドメインを使用する際には、ページランクやバックリンクの数、また期限切れとなってからどの程度の時間が経っているかということが重要になります。
特に期限切れになってから長く放置されてたものは、バックリンクの数も減少していますし、ページランクの評価も下がっていることが多くなります。
そのため、オールドドメインを利用する際には、なるべく鮮度の高い、新しいものを探すことが重要となります。