フリープランについて

厚木の一戸建てを購入する時のフリープランについて

厚木で一戸建てを購入しようと考えた時、フリープランという言葉を耳にすることがあるはずです。フリープランは不動産用語として様々な意味合いを含んでいます。すべて完全自由性がある注文住宅のことを指す場合もありますし、建売住宅でセレクトをすることが出来るものを呼ぶこともあります。建築条件付き住宅のことを指す場合もあるのです。

しかし、全般的には厚木で一戸建てを購入しようとした場合、フリープランとはある程度自由性がある一戸建てを考えておいてよいでしょう。

フリープランで一戸建てを厚木で建てる場合、注文住宅は当然、すべて自分で選んでいく必要が出てきます。ハウスメーカーなどでは標準プランとして、ある程度の家を掲示してきます。

キッチンや浴室、洗面所、壁紙、床材など、様々なものを選ぶことが出来ます。しかし、問題なのは家の形です。注文住宅であっても、一戸建ての外壁や屋根の形状などは選べないことが多いのです。

この外観の住宅はこの価格と決まっているため、外観を変えるとなると金額も大幅に変更されることになります。また、この外壁と屋根、この家の形という流れで組み合わせが決まっているものもあります。その他、注文住宅で、メーカー側が提示したもの以外のものを入れることになると、特注扱いになります。ある程度は金額が高くなるということを理解しておくようにしましょう。

取引がない業者のものは導入することが出来ない場合もあるのです。ある会社のキッチンが欲しいと思っても、取引がなければ入れることが出来なくなります。すべてが自由だという事ではないと、認識しておくようにしましょう。

建売住宅でセレクトできる場合は、まだ建物が完成していない場合にあてはまります。水回りや壁紙などを選ぶことが出来る可能性があります。外壁の色を選べることもあるはずなので、忙しくて打ち合わせに何度も出るのは不可能な人には向いているでしょう。少し手を加えるたけで、個性を出すことが出来るためです。

また、建築条件付き住宅の場合は、業者が決められていますが、その他の様々なプランや設備機器などは注文住宅の状況とあまり変わりません。どの業者で建てるかということのみが決められているのです。そのため、注文住宅のように自由性はありますが、限定されている部分もありますので、注意するようにしましょう。

このように厚木で一戸建てを購入する場合、フリープランという言葉を理解した上で選ぶことが大切です。”