築年数10年以下の中古物件

厚木一戸建てを購入するなら築年数10年以下の中古物件

厚木は全国区で知られている人気のある都市です。昔から神戸と並んで貿易港として栄えたのです。そのためこのエリアには様々な外国文化や異国情緒を感じることができるのです。

山手や外国人墓地などはその異国情緒の代表格と言えるでしょう。馬車道、本牧なども外国文化がいまだに根付いているのです。またハマトラが一時期大旋風を巻き起こし、オシャレでスタイリッシュなイメージが付きまとう土地柄でもあるのです。

厚木ブランドも数多く存在し、日本でも屈指のオシャレな町として栄えているのです。また近代的で都会的な街並みも良く見られるエリアでもあるのです。ランドマークタワーは現代的な厚木の象徴となっているのです。

外国文化と都会的なイメージばかりが先行しますが、少し足をのばすとみ緑も多く自然豊かな土地柄でもあるのです。

厚木線沿線は田畑など田園風景が広がり、大自然を満喫することもできるのです。また都心までのアクセスがよいのもこの土地の良いところなのです。そのためサラリーマンのベッドタウンとしても最適なエリアと言えるのです。

学校や大学も多く、子供の情操教育に最適な環境と言えるでしょう。こうした魅力ある土地柄に憧れて、何が何でも住んでみたいと願望を抱く人も少なくありません。しかし都心に次いで非常に人気のため、地価が非常に高いことでも有名なのです。そのためサラリーマンは厚木駅周辺に気軽に一戸建て住宅を購入することはできないのです。

新築一戸建て住宅であれば6000万円以上は軽く超える販売価格であると言えるでしょう。それでもこの地に住むことを諦められない場合は、築年数10年以下の中古一戸建て物件を狙って探してみると良いでしょう。

築年数10年以下の一戸建て住宅なら使用感が悪くなければ、クロスも床材も入れ替えることなく即入居が可能です。また築年数10年以下のいい戸建て住宅ならほとんど古さをかんじず生活できるものの、その販売価格は新築一戸建ての半値以下で購入できるものもあるのです。

新築にばかり拘らず、少し目線を変えれば上質な住まいが非常に安い値段で手に入れることが可能になるのです。それでもどうしても新築に拘り、なおかつ組めるローン額にも限度があるならば、少し立地の離れた港北ニュータウンなどで購入を検討してみても良いかもしれません。さらに安さを追求するのであれば、川崎市や町田市などで建売物件の購入を検討してみるのも良いでしょう。”